EPARK歯科 インターネットで予約する

東京都狛江市東和泉1-29-11 2F

TEL:03-3480-5323

土日も診療|東京都狛江市東和泉の狛江歯科医院

歯周病治療

EPARK歯科 予約はコチラ

HOME»  歯周病治療

こんな症状があったら歯周病を疑いましょう

「歯ぐきから血が出る」「歯がぐらぐらする」といった症状は、歯周病の代表的な症状です。それ以外にも、以下のような異変が見られたら歯周病を疑いましょう。

要チェック!―歯周病の方に見られる特徴―

口臭が強くなった気がする
朝起きると、口の中がねばねばしている
歯ぐきが柔らかくなってきた
歯ブラシが当たると痛い
歯ぐきの色が変わってきた
歯ぐきがかゆい
口の中で嫌な味を感じることがある
せんべいなど、硬いものが食べにくい
前歯が長くなってきたように感じる

歯周病は、「まだ大丈夫」と思っているうちに重症化してしまう恐ろしい病気です。これらの症状に気づいたら、できるだけ早く検査・診断をお受けください。

放っておくと怖い―歯周病が全身にもたらす影響―

最近の医療研究では、歯周病の原因菌が引き起こす全身疾患が問題視されています。歯周病菌が血流に乗って内臓器官などに運ばれると、そこでさまざまな問題を起こすことをご存知ですか?
歯周病が原因のひとつと考えられる病気・症状には、次のようなものがあります。

心臓病

歯周病は、動脈硬化、心筋梗塞、狭心症、細菌性心内膜炎などの原因になる場合があります。

糖尿病

歯周病にかかると血糖値のコントロールが難しくなり、糖尿病の症状が悪化しやすくなります。

肺炎

歯周病菌が肺に感染することにより肺炎を発症するリスクが高まります。

早産・低体重出生児のリスク

妊娠中に歯周病に感染したまま放置すると、胎児への影響が懸念されます。早産を起こすリスクや低体重児が生まれるリスクは、歯周病に感染していない場合に比べて約7倍になると言われています。

狛江歯科医院の取り組み

当院では、歯周病の予防と早期発見・早期治療を重視した診療を行っています。

何よりも「予防」を心がけたい歯周病

歯周病は初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、進行してしまうと歯を失う可能性もある病気です。当院では、進行段階に応じた適切な治療で歯周病の完治を目指すほか、何よりもまず、「歯周病にならない」ための予防処置に力を入れています。

しっかり検査して早期発見・早期治療を

歯周病の進行を防ぐ効果的な対策をとるためには、口腔内の状況をしっかり把握することが大切です。当院では、下記のような検査で歯周病を早期に発見し、患者様の症状に合った適切な処置を行っています。

レントゲン検査 外見だけではわからない歯ぐきと顎の骨の状態を、レントゲン画像で正確に把握します。
歯の動揺度検査 歯のぐらつきの程度を調べます。動揺度が大きいほど、歯周病が進行しています。
歯周ポケット検査 歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)の深さを調べます。歯周ポケットが深いほど、歯周病が進行しています。

狛江歯科医院の歯周病治療

当院では、軽度の歯周病から進行した歯周病まで、それぞれの症状に応じた効果的な方法で治療を行っています。

歯みがき指導

歯周病治療の基本は、適切な歯みがきとプラークコントロールです。歯周病菌はプラークの中で増殖するため、日常の歯みがきでしっかりと汚れを落とすことが重要。適切な歯みがき方法を身につけて、歯周病の予防・再発防止に取り組みましょう。

歯肉縁上歯石除去

歯の表面に付着したプラークが石灰化した歯石を除去します。歯石の周囲には汚れが溜まりやすく、歯周病を悪化させる要因となりますので、定期的なクリーニングでしっかり管理するようにしましょう。

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなり、歯ぐきで隠れている歯の根元にもプラークや歯石が溜まりやすくなります。SRPは、歯の根の周囲に付着したプラークや歯石を除去し、歯の根の表面をツルツルにする処置です。

歯周病は、早期に治療を開始すれば治すことができます。しかし、いちばん大切なのは、歯周病を防ぐ生活習慣を身につけ、定期的に検査を受けて「予防」すること。大切な歯を失ってしまう前に、ぜひ当院の予防歯科を受診してください。

TOPに戻る