EPARK歯科 インターネットで予約する

東京都狛江市東和泉1-29-11 2F

TEL:03-3480-5323

土日も診療|東京都狛江市東和泉の狛江歯科医院

インプラント

EPARK歯科 予約はコチラ

HOME»  インプラント

もう一度、しっかり咬みたい方へ

歯を失ってしまった場合、「咬む」機能を取り戻す方法のひとつとして、インプラント治療が挙げられます。この治療法は、歯がなくなった部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込んで、その上にセラミック製の人工歯を被せます。自分の歯のような咬み心地が得られ、自然な見た目が手に入るのが特徴です。もう一度、きれいな歯でしっかりと咬みたいとお考えの方は、ぜひインプラント治療をご検討ください。

狛江歯科医院のインプラントの特徴

特徴1 国産インプラント「プラトンインプラント」を採用しています

当院で採用している「プラトンインプラント」は、インプラント治療を専門とする日本人歯科医師のグループが中心となって開発した純国産のインプラントです。

強度に優れ生体親和性の高い純チタンを使用したこのインプラントシステムは、さまざまな分野の国内企業が連携することで高い品質を実現しています。症例に合わせて選択できる豊富なラインナップ、患者様の身体的負担を軽減するためのインスツルメンツなど、安心・確実の治療を行うための配慮がなされているのが特徴です。

特徴2 CTスキャンやサージカルガイドの活用

従来のレントゲン写真では、口腔内の状態を平面でしか把握できませんでした。そのために、インプラント治療の際に神経や血管を傷つけてしまい、麻痺などを起こしてしまうリスクがありました。このようなリスクをなくすため、当院では難症例の場合は歯科用CTスキャンを活用しています。歯科用CTスキャンなら口腔内の状態を立体的に把握でき、より的確な治療計画を立てることができます。

また、難症例の場合は他院でCTスキャン撮影をしていただき、そのデータをもとにサージカルガイドを製作します。サージカルガイドとは、インプラントの手術で顎の骨に穴を空ける際にドリルの着地点と角度を正確な方向に導き、またドリルがぶれないように保持する器具のことです。これを使用することで、インプラント治療の最大のリスクである顎の骨の施術の不具合を最小限におさえることができます。

他の治療との比較

失った歯を補う治療法には、「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3つの選択肢があります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、本物の歯と遜色のない使用感という点では、インプラント治療がもっとも優れていると言えます。

  メリット デメリット

インプラント
  • 咬み合わせが安定し、自分の歯のようにしっかり咬める
  • 隣り合う健康な歯を削る必要がない
  • 天然歯と見分けがつかないほど見た目が自然
  • 適切なメンテナンスで長期間にわたる使用が可能
  • 1本でも、すべて歯を失ってしまった場合にも対応できる
  • 顎の骨がやせにくい
  • 外科手術が必要
  • 保険適用外のため、治療費が高額になる
  • 治療期間が長い
  • 適切なメンテナンスを継続する必要がある
  • 健康状態や顎の骨の状態によっては治療できないケースがある

入れ歯
  • 治療期間が短くすむ
  • 隣り合う健康な歯を削る必要がない
  • 1本でも、すべて歯を失ってしまった場合にも対応できる
  • 保険適用の素材なら比較的安価に治療できる
  • 装着時に違和感がある
  • 使用中にずれたり外れたりすることがある
  • 硬いものが咬みにくい
  • 外見上の違和感がある
  • 周囲の歯や歯ぐきに負担がかかりやすい
  • 手入れを怠ると虫歯や歯周病の原因となりやすい
  • 食事の温度や味が伝わりにくい
  • 長期間使用していると顎の骨がやせてくる

ブリッジ
  • 治療期間が短くすむ
  • 保険適用の素材なら比較的安価に治療できる
  • 装着感が自然
  • 自然な見た目を再現する素材を選択できる
  • 隣り合う歯を削って固定する必要がある
  • 周囲の歯や歯ぐきに負担がかかりやすい
  • 食べかすや汚れの掃除などの手入れを怠ると虫歯や歯周病の原因となりやすい
  • 長期間使用していると顎の骨がやせてくる
TOPに戻る